トライオートETF実績報告2021年10月

トライオートETF


私の短期トレードの中心になっているトライオートETF。結果を毎月ブログにて公開中です。

今月は2021年10月分になります。10月は絶好調な結果になりました。これこそトライオートETFの強みという感じです。

それでは実績とともに振り返ります。

環境

これがナスダック100トリプルの日足チャートです。

そして10月は

TQQQ 始値124.85 高値155.24 安値116.87 終値155.24

と、先月とは打って変わり見事に右肩上がり。最高値を更新して月末を迎えるという相場の動きでした。なのでツイッターなどでもトライオートETFで爆益を報告するツイートは多く見られましたね~。

実績

では2021年10月の実績です

総合はこんな感じです

・実現損益は+225908円

金利手数料-2229円

・差し引き実現損益+223679円

・評価損益+703287円

となります。10月終了時点での有効証拠金比率はこんな感じです。

トライオートETF トライオートFX

先月は証拠金比率も423%で月末を迎えたので今月で抱えたポジションを一掃できたと思います。もちろん1か月以上塩漬けされたままのポジションもありますが。

所見

2020年の確定利益はこんな感じです

・2020年1月 105414円

・2020年2月 161153円

・2020年3月 -267065円

・2020年4月 19594円

・2020年5月 19073円

・2020年6月 254516円

・2020年7月 273074円

・2020年8月 392470円

・2020年9月 127937円

・2020年10月 36006円

・2020年11月 65482円

・2020年12月 100369円

すると2020年の確定利益合計は1288023円となった

そして2021年へ

・2021年1月 102473円

・2021年2月 135007円

・2021年3月 102394円

・2021年4月 124780円

・2021年5月 93690円

・2021年6月 113895円

・2021年7月 153375円

・2021年8月 100707円

・2021年9月 62170円

そして2021年10月が223679円

投資素人のサラリーマンが様々な投資と情報発信の副業を始めてここまでの成績は我ながらなかなかじゃないだろうかw

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: jiman_hanashi_man.png

しかし、そんな甘い世界じゃないのも知ってます。それでも情報があふれている現代は自分で試して経験し自分にしかない正解が多いのも確かだ。

この手法になって安定した利益とメンタルを維持できるようになってきた。通常はあそこで売って利益確定しておけば~とか考えるんでしょうけど自動売買のメリットをうまく活用できていると思います。

下げの局面でもう少し下がれば新規稼働できるぞ~なんて下げを喜び上げでも喜べるのは自動売買のおかげですよね。

2021年になってからの利益の推移はこんな感じ

10月終了時点で2021年年間獲得利益は1212170円となった。今月で100万円を一気に突破!安全マージンを取りつつ下落でしっかり種蒔きして収穫する。これがトライオートETFの醍醐味ですよね

戦略

トライオートETFは波がすごい・・・

そこで私は安定的に利益を出せるように無限ナンピン改戦略を取り始めてからレンジ相場でも安定的に利益を出せるようになってきた。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: gold-163519_1280-1024x576.jpg

運用方法の基本方針としては

・10$下落したら新規稼働(ヘッジャー売り無し5口)して既存を停止

・ヘッジャーの売りは稼働させない

・利確幅や中身は変更しない(2021年8月から少し変更加えました)

これが私の運用方針(無限ナンピン改)です。有名ブロガーの鈴さんが昔行っていた戦略とヘッジャーを混ぜたイメージです。

そして今月からは追加の考え方として

・ポジションの少ない最高値更新中の時は注文設定を各5口から10口へ変更する

これで最高値更新の続く時も素直に喜べる。下落からの回復の時に大きく利益を出せたのが過去の経験であり一般の投資家からするとこれは少数派でしょうね。なので上昇相場でも素直に喜べるというマインドを付け加えるためにこのルールを追加しました。

続けるためには楽しめる設定は大事です。

ただし明確な数字で稼働を決めるのではなく抱えているポジションが少ない最高値付近であれば5$程度の下げでも停止と新規稼働をすることもあります。逆に最高値付近で塩漬けされているポジションが多い場合は多少の下げでも稼働させないか口数を減らして稼動させても良いと考えています。

つまりエントリーポイントだけ裁量取引というイメージですね。

去年にトライオートETFでマニュアル取引でエントリーしたことが何度かあったのですが利確する(売り)のタイミングを考えるのが難しいことを知りました。なのでそこは自動売買に任せておけばお互いの得意を生かせると考えています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: money-2696228_1920-1024x580.jpg

まとめ

先月は1か月通して下落する相場で抱えるポジションもどんどん増えていく流れなので不安でしたが今月はそれを一掃する流れ。利益が上がるのは嬉しいことだけど今月は誰でも利益が出せたと思う。私は波の荒いトライオートETFで安定的に利益を出せるようにすること。なので今月の利益は嬉しいがデータとしては重要な意味を持たないと思っている。

そんな中で今月のポイントは

SSO撤退後すべてのポジションが解消

保有期間が長期化するとTQQQに対して手数料に若干差が出ていた。さすがに2倍と3倍での差があるのだろう。しかし微々たるものでやっぱりTQQQの方が魅力的。動いてなんぼのトライオートにおいてはSSOは穏やかすぎる。乗り換えるならSSOじゃなくてFASの方が現実的かな?

先月程度の下落で400%程度まで証拠金比率が下がるのは…

先月の下落は到底暴落とは言えない。なのに証拠金比率は400%程度まで下落した。しかも念のためとはいえ追加入金まで対応することとなった。数日で追加入金分は出金することができたから良いけど・・・

ただ、これでは対策する必要がある。

まず最高値更新時のポジションは10口で統一するのではなく7口や5口なども注文設定に織り交ぜる。すべて10口にするとさすがに抱えるポジションが一気に増えてしまったからだ。

次に稼いだ金額をそのまま証拠金として維持していくのか一度出金しておくのかという方法を考えてみる。

これは今回追加入金をしたのだけど即時入金は即時行えるスピードの速さもあり「使える」機能だ。しかし出金は意外と時間がかかる。これは今回初めて使って分かったことだ。そして即時入金がある以上稼いだ分の金額は出金しても良いのでは?と考えるようになった。

MIXRIDEカンパニー
MIXRIDEカンパニー

稼いだ金額で資産は増加しているけど生活が豊かにならなければ意味が無い・・・

Die with ZEROという本を読み資産の価値を引き出すということを考えてみた。もちろんすべて消費や浪費するつもりはないけど・・・

しかし即時入金で証拠金比率を回復する手段を知れば毎月稼いだ金額を出金して口座で管理していけば良いのでは?と考えるようになった。

これまではトライオートETFをいくら入金してここまで増やすことが出来たんだぞ!って分かり易くしようと出金を一切してこなかった。今はマネーフォワードMEと連携しているから資産額の合計はほぼリアルタイムで管理できている。なので今後は毎月稼いだ金額の一部は一般口座へ出金してみることにする。その金額で他の投資に回すかもしれないし資産を伸ばす方法もライフスタイルの充実もフレキシブルに対応できるようにお金の自由度を広げようと思う。

それではまた!

トライオートETF

コメント