医療費控除を使ってお得に体をメンテ(サラリーマンと税金の話)

ライフスタイル

今回のテーマは高額医療で自由診療のため保険が利かなかった私の体のメンテにかかったものをまとめて金額面でのお得な話をします。今回は費用面での話に焦点を当てますのでやってよかったかどうかはまた別の記事にしますので悪しからず。

行ったものとしては以下のものになります

・レーシック・歯科治療(インプラント)・歯科治療(銀の詰め物をセラミックへ)

年収と所得税

ではまず医療費控除についてですが医療費控除とはその人が1年間にかかった治療費が10万円を超えた場合に一定限度額まで税金が控除されるというものです。控除はその人の課税所得で税率が変わるのでこちらの所得税率を参考に

課税される所得金額税率控除額
1,000円 から 1,949,000円まで5%0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%2,796,000円
40,000,000円 以上45%4,796,000円

さて、ここで税金の問題が出てくるわけですが自身の「年収」と自身の所得税率を応えられる方はどれだけいるでしょうか?

年収

こちらはサラリーマンの方は年に一度発行される源泉徴収票を手元に見てください。会社から個人へ支払う総額が支払金額という一番大きな金額部分です。これがそのままもらえてたらいいのになぁ・・・

んで、ここにそのまま税率をかけるわけではないのです。

例)支払総額 5553600円

5553600×20%+540000=1650720

となります。これがまず控除額となり

5553600-1650720=3902880

これが控除後の「給与所得」になるここには、若干の誤差が出る。

そこに扶養控除類が合計されたものが引かれるその額が「所得控除の額の合計額」というところだ。

例)1204013円

先ほどの3902880円が年末調整され誤差で3901600円となる

そこに控除類の合計1204013円を引き

3901600-1204013=2697587

となる。これが「課税所得」だ。(課税所得は1000円未満は切り捨てです。なので2697000円)要はこの金額に対して税金は考えられているというものだ。これに最初の早見表から税率をかけると

2697000×0.1-97500=172200(今回はちょうどだが100円未満は切り捨て)

ここに東日本大震災の復興税2.1%を平成25年から25年間は掛けるので

172200×1.021=175816.2

ま他100円未満切り捨てで

175800円となりこれが「源泉徴収税額」になる。これがつまりは「国」に収める税金です。

住民税の計算

次は住民税。では課税所得に10%をかけるのだ。

2697000×0.1=269700円

と考えやすいが違いますwややこしいですねw

これは最初の所得控除の金額の計算は「所得税用」で「住民税」は基礎控除金額が5万円低くて38万円が33万円となる。なので

例)1204013の部分が-50000で1150013となる

すると給与所得の3901600を取り込めば

3901600-1150013=2751587で1000円以下切り捨て2751000となる

んで10%をかける

2751000×0.1=275100ってやりたいけどこれも間違いw大体ならあってるけど・・・

市税6%県税4%で計算しまず市税は

2751000×6%=165060

そこに税額控除で3%が基礎控除50000円に掛ける

50000×3%=1500

そこに均等割り3500円が足されるので

165060-1500=163560(100円以下切り捨て)163500円

163500+3500=167000

これが市税

県税は

2751000×4%=110040(100円以下切り捨て)110000円

そこに基礎控除50000円に2%をかける

50000×2%=1000

そこに均等割り2500円が足されるので

110000-1000+2500=111500

これが県税

合計すると

111500+167000=278500円これが住民税となる

つまり税金としては175800円+278500円=454300円が支払った税金となる県税市税は当然市町村で違いは発生すると思われるので違いは生まれると思いますので悪しからず。

ぶはっ、医療費控除の話なのにここまで税金の話になってしまった

医療費控除の計算

ここから医療費控除なのだが例としてはインプラント50万円レーシック30万円セラミックの詰め物20万円で合計100万円で仮定します。使える保険は無し

100万円-10万円=90万円が控除対象です。

そこに所得税率の最初の表から掛け率と控除を引きます

課税所得2697000円×10%-97500=172200

そして90万円に税率10%で

900000×10%=90000円

が還付されるのだつまり住民税は172200円支払うが90000円返ってくるそして住民税は同じく

900000×10%=90000円なので住民税は278500円支払うが90000円返ってくる

医療費控除をお得に使うには

なので高額医療が発生する際はその年にまとめて行ったほうがお得なのだそれは医療費控除の10万円以上の規定があり5万円では対象にならない。つまり10万円の20%で2万円分が1年以内に行えばお得にできるということだ。

私の場合はインプラント治療は必要になったから行ったもののレーシックとセラミックの詰め物は急を要するものではないが医療費控除の仕組みを知り1年以内に行う得を見つけて2020年に行う決意をしたのです。

最期に

今回は医療費控除の話題と言いつつも半分以上は税金の話題です。これは今後私の行う副業がブログで収益を生みYouTubeも収益を出せるようになってきたら投資と合わせた税金の問題もあるのでテーマにして自身の勉強も兼ねてみました。間違えていたら申し訳ないので参考程度にしてくださいね。ブログのネタにするのはナイーブな話題ですが自身で勉強(インプット)したものをブログとしてアウトプットすればさらに理解が深まるんじゃないかと思って記事にしてみました。私の情報発信のテーマは「ゼロから始めるサラリーマンの副業」なのでインプットとアウトプットがイコール時期なのです。学びたてを記事にするので間違いだらけの可能性があります。だからこそYouTubeのエンディングでも申し上げていますが

成功者のアドバイスはほかのチャンネルを参考にしてください

どうもありがとうございました!

コメント