【ここが底?】第11回米国レバレッジETF観察日記2022年3月

レバレッジETF

このシリーズは2021/4/13に米国レバレッジETFを7種各10万円、合計約70万円購入してその後どうなっていくかを分析してみようと思い始めました。今回で11か月目になります。好調な米国株を勧める意見は多いのにレバレッジは危ないという意見をよく聞きます。実際に購入してみてどうなったかを毎月記事にしてシリーズ化してます。これから購入しようか悩んでいる人や買い増しを考えている人に参考になればと思います。

今回の期間では

ここが底?FOMC後急回復!

という結論です。詳細は考察欄にて。

購入したのは7種のETFで

SOXL 半導体

SPXL S&P500

TECL ハイテク株

CURE ヘルスケア

DRN 米国REIT

TNA 小型株 

FAS 金融

この7種を各10万円程度の購入をしました。そして1か月ごとの結果をブログと動画で公開していこうと思います!

そして今回が11回目です。

それではこの1か月経過でどうなったかを振り返ってみます。

2022年3月14日の結果

こんな感じです

特定口座分が同時、同額購入した分になります。一般口座はこれを始めて割安に感じたときに買い増しをした分になるので比較には含めないようにします。

その他の個別株やらもありますが無視してくださいw

DRN(REIT) +33237円

FAS(金融) +7549円

SPXL(S&P500) +8269円

TNA(小型株) -32939円

CURE(ヘルスケア) +34503円

SOXL(半導体) -24156円

TECL(ハイテク) -967円

トータル +25496円

とこのようになりました。先月からの変化した状況を見てみましょう!

DRN(REIT) +29031円 →+33237円 変化+4206円

FAS(金融) +41868円 →+7549円 変化-34319円

SPXL(S&P500) +23353円 →+8269円 変化-15084円

TNA(小型株) -28191円 →-32939円 変化-4748円

CURE(ヘルスケア) +37239円 →+34503円 変化-2736円

SOXL(半導体) -5101円 →-24156円 変化-19055円

TECL(ハイテク) +23933円 →-967円 変化-24900円

トータル +122132円 →+25496円 変化-96636円

とこのような感じです。マーキングしたのは一番上昇したのと一番下落したものをマーキングしてます。しかし今月はすべてマイナスなので一番マイナス幅の少ないのをマークしてます・・・

そしてスクリーンショットを見ると分かると思いますが全て特定口座で購入したものが最初の購入分で同時、同額に購入して比較しているもので一般口座で購入しているのは日々の変化を見て前日比較して割安に感じたときに買い足した分で今回の比較データをもとに裁量取引に生かせるか自分で試しています。

考察

さて今月の動きを見てみた時は一番の話題はFOMCでしょう。この記事の締め日は14日なのでFOMCの直前に当たる。数字も見ての通り先月からさらに下落しているが記事執筆日(3/23)は急回復してそれなりにほっとしている状況だw

回復のきっかけはFOMCでの利上げが0.25%で終わり0.5%ではなかったことが大きいと思う。ウクライナ情勢はいまだ解決の糸口もない状況に違いはなくこのまま順調に開封していくのか?と言われるとそんな要素は見当たらない。なので今後も楽観視は出来ない状況である程度のキャッシュの余力は残しておくべきだとも思う。ただし機会を測ることは非常に難しいので積み立てを設定している人はそのまま積み立てで良いと思う。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: entrepreneur-1340649_1920-1024x724.jpg

長期で資産形成をしていこうとしている人にとっては刺激的過ぎて不向きだといわれるレバレッジETF  。メインとなるコア資産ではなくて投機的要素が強いように感じます。もちろん米国株自体は未来の見通しも明るいですが・・・

レバレッジをかける以上早期償還のリスク、手数料の割高さ市場との乖離が起きるのがデメリットです。

今回の企画は米国のレバレッジETF7種を同時同額で購入し比較してみること。

これによって米国株の中でも何が最も成長したのか?そして資金の流れを時間とともに眺めることができると思います。

今回の2/14~3/14は

不動産以外すべて下落

その中でも金融、ハイテクが大きく下落

FOMCのあと回復はしてきてるけど次の利上げで0.5%上げが来るんじゃないかとの懸念が出てきて

楽観視できない!今は動かない!

これが今回の期間の一番のメッセージです。

このメッセージは使い方としてトライオートETFのようなCFD取引であれば売りエントリーで下落を利益に変えることもできる。しかし売りエントリーはかつての失敗も経験しているので難しい。損失の拡大にもなりえるので注意が必要です。

レバレッジETF投資は今はまだトータルで+な結果になっているけど1カ月程度で資産が半分近くになる可能性も十分あり得る投資手法だということです。あくまでも余剰資金で行うべきですね~。積み立てでリスク分散するという考えもあるでしょうけど、コア資産になるにはリスクが高すぎだと思うのでコア資産はレバレッジは無しで良いと思います。そちらも毎月記事と動画でUPしてますので参考にしてみてください(積み立てNISA定期報告シリーズ)(動画版

さて、スクショを見て気が付いている方もいるかもしれませんが楽天証券を活用しています。

日常生活で楽天サービスを活用して楽天経済圏の恩恵を受けている私としては欠かせないサービスなのですが口座開設も簡単でした。現在はSBI証券と楽天証券、そしてトライオートETFのインヴァスト証券の3つをメインで活用しています。

SBI証券に関しては長期積み立ての老後資産を行っており積み立てNISAとIDECOはこちらで行っています。

インヴァスト証券についてはトライオートETFとトライオートFXなのでリスク高めの投資。

楽天証券については今回のレバレッジETFを行ってはいますが今後、また新たな活用もしていこうと考えています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: startup-3267505_1920-1024x683.jpg

このように相場の動きが見えてくると今後の未来を考えて新たな投資先の検討に役立つようになるのではないか?と考えてブログ記事にしています。

日々の動きを見て大きめの下げを感じたときにナンピン買いを行っています。最初のスクショで一般口座がその分です。

楽天証券では米国株をリアルタイムで株価を表示するには有料サービスになるのだけど1カ月に1回以上約定すれば無料になるので毎月1回以上米国株を細分化してナンピン買いしているという活用をしています。

これが今回の企画で得られる情報を有効活用できる方法ではないかなって考えていますがまだ感覚的な運用なので再現性という意味だとリアルタイムでない限り難しいとも思います。それでも考え方を知れば自分で同じような運用方法を取ることはできると思いますので良かったら参考にしてみてください!

大きな資産を入れるには中々リスキーな投資手法だけどサラリーマンの場合は給与収入というある意味安全資産が入り続ける限りこの手法で新たな投資先を見つければより良い資産構築ができるんじゃないかな?

それではまた!

トライオートETF トライオートFX

コメント